花しょうぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉三郎さま

<<   作成日時 : 2013/09/27 22:42   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8

初めて玉三郎さまの舞う姿を観たのは

平成17年、歌舞伎座での 

今は亡き中村勘三郎さん襲名披露公演でした


玉三郎さまの祝舞「鶴亀」は艶やかで気品があり

その場に見事に花を添え

噂どうりの高貴な紫のオーラを放っていました


その玉三郎さまの最高傑作「鷺娘」を

シネマ歌舞伎(映画館)で観てきました

あれ以来是非とも観たいと思っていたので

念願が叶ったということです


画像








1978年に初めて「鷺娘」を演じた玉三郎さまは

世界でも大喝采を浴びましたが

平成21年1月の「歌舞伎座さよなら公演」を最後に

「一世一代」と銘打って、鷺の精を勤められ

これを最後に「踊り治め」とのことでした

残念ながら

もう玉三郎さまの「鷺娘」は生で観ることは

できないのです



*鷺娘

鷺と人間の娘の両方の存在として描かれます

しんしんと雪が降る水辺の岸に

柳の木が一本立っています

その柳の傍らに、蛇の目傘をさした娘が佇んでいます

白無垢、綿帽子姿のその娘は、実は白鷺の精でした


恋に悩む女の苦しい胸のうちを踊りはじめて

恨みの心を見せる

その後、引き抜いてがらっと変わり

町娘の姿で華やかな恋心を、さまざまに表現していく

やがては、恋に迷った娘は白鷺となり

地獄の責めの苦しさに羽をはばたかせ苦悩する

苦悩のさまを魅せていた白鷺も

最後には力尽きるように

雪の降りしきる中、息絶えて終幕


画像



















この日一緒に上映されたのは「日高川入相花王」



『日高川入相花王』みどころ

人形浄瑠璃を歌舞伎舞踊化した「道成寺物」の作品で

人形振りでみせる趣向となっています

恋する安珍を追って日高川の渡し場に

たどり着く清姫(玉三郎)ですが

船頭は川を渡してくれません

安珍への嫉妬と恨みの激情を燃やす清姫は

ついに蛇となり 川を渡るのです




新しく出来上がった歌舞伎座には

まだ足を運んでいません


そのうちに・・・








にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへ
にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
みっちぇるさん、こんばんは
すっかりご無沙汰してしまってすみません
<m(__)m>
坂東玉三郎様、素敵ですよねぇ
あの色気と立ち居振る舞い〜
真似できるものなら真似したい(笑)
ガサツな私には無理だと思うけど。。。
一度も歌舞伎を見たことがないのでリニアが通ったら歌舞伎座行きたいねって言ってます
まぁ、引きこもり夫婦なのでどうなるかはわかりませんが…
アンジェロママ
2013/09/28 19:14
生の歌舞伎は迫力がありますよね。京都で松本幸四郎さんたちを観ましたよ。ただ、椅子が堅くてずっと背筋ピーンで疲れましたが…
日高川入相花王は、人形浄瑠璃でも観ましたし、学生時代に人形浄瑠璃とコラボでオペラもどきに取り組みました。八百屋お七は人形浄瑠璃の歌い手やりましたよ。あ〜懐かしい。
po-cooky's mama
2013/09/29 09:38
アンジェロママさま

リニアの駅がお近くにできる予定なのですか?
一度は乗ってみたいよね〜って話しています。
開通したら是非歌舞伎座にも銀座にもお越しくださいませ。
我が家も引きこもり夫婦・・・お家でまったりとマロンと過ごすのが幸せです〜〜^^
みっちぇる
2013/09/29 15:43
po-cooky'sママさま

「鷺娘」は 京都南座で母が観て それはそれはよかった と言っていたものですから 是非とも観たかったのです。
ママさん 浄瑠璃の歌い手ができるなんて凄い!!!
私は歌舞伎鑑賞はまだまだ初心者なのですが、日舞を習ったことがあるので 興味があるのです。
「鶴亀」も踊ったことがあるので 懐かしかったです〜
あのチン・トン・シャンの世界が好きなのよ〜
みっちぇる
2013/09/29 15:49
こんにちは(*^^*)

玉三郎様…素敵ですね♪
歌舞伎に興味津々の今日この頃!!
機会が有れば観たいですね(>.<)(>.<)
peko
2013/10/01 17:37
pekoさま

復活されたようで安心しました^^
私も何かとありますが、ボチボチと生きておりますよ〜〜
たまに歌舞伎も良いものです!
生玉三郎様はそこにいるだけでオーラが違いました。
なんであんなに色っぽいの?
またお会いしに行かなくては・・・
みっちぇる
2013/10/02 14:44
ご無沙汰してしまいごめんなさいね〜
もうすっかり涼しくなりマロンちゃんも楽にお散歩できますよね!
玉三郎さま〜観に行ったことは、ありませんが、
きっと素敵なんでしょうね〜
もう芸術の世界ですね!
なんか秋だし、年齢もなんとなく秋?(笑)
いろいろ楽しみたいですね〜
そら豆
2013/10/03 17:21
そら豆さま

あれだけ暑かったのに秋はやってきますね。
当たり前だけど・・・
今年も短い秋で すぐに寒くなるのでしょうか?
その前に秋を楽しまなくっちゃネーーー
まずは食欲の秋から・・・(笑)
みっちぇる
2013/10/04 16:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
玉三郎さま 花しょうぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる